読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もありがとう

NEWSとKAT-TUNとハロプロ、ジャニハロDDヲタ、普段は二次元にいる

声を出せない蟻たちは~フィクションの中の痴漢問題~

またまたまたジャニーズ関係ない記事だよ。(じゃあなんでタイトルがこうかというと傘蟻が売れて欲しいというステマ

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

この記事読みまして、そういえば…と思い出したことがあったので書いてみます。

 

 

 

わたしは女子高に通っていました。

まー痴漢にはよくあいました。

スペックは、特に可愛くない地味で根暗で大人しそうな黒髪の眼鏡で、今思うとうわあ痴漢が狙いやすいいかにもな見た目じゃん!とわかりますが、当時は全然ちっともわかってなかったのです。

痴漢ってなんか、ナチュラルにいたし、痴漢にあうのも普通のことで、女子高だったからか周りに痴漢にあったことのある子は大勢いたし、わたしは大勢の中の一人でした。

ちなみに電車と図書館と古本屋であうことが多かったです。

 

 

でも、そんなに痴漢にあいまくっていたのに、それをどうにかするために能動的に動いたことってそういえばなかったなあ、と記事を読んではたと気付きました。

よける、離れる、遠ざかる、手を払うくらいでした。やめてくださいって声をあげたり、ましてや警察に通報したこととか一度もなかった。気のせいレベルじゃなく明確な痴漢行為をされててもです。なんか、痴漢されることと、警察に通報するってことが、中・高のときのわたしの中ではまったく結びついてなかった! 友達には言うけど警察には言わない。

(書き終わってふと思い出したので6日追記:友達と「わたしこないだ痴漢にあってさ~」「わたしも! 最悪だよね~」とかって会話はしたことあるけど、「じゃあ一緒に警察行こうか?」て言われたことも言ったこともなかったなって気付いた)

 

不思議に思われると思うんですけど、警察って選択肢が最初から頭の中になかったんですね。ほんと、今考えると通報一択なんですけど、当時は思いつかなかったんですよ。

だから冒頭の記事の高校2年生のお嬢さんの勇気と聡明さには頭が下がります。

 

電車内の痴漢被害。被害に遭っても、「恥ずかしい」「大事にしたくない」「犯人がわからない」といった理由から警察に届け出ない被害者は少なくない。警察庁がまとめた「電車内の痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書」(2011年)によれば、「痴漢被害に遭っても警察に通報・相談していない」と答えた人は304人中、271人(89.1%)。10人に9人が通報や相談を行なっていない計算になる。

 

でもそういえば、痴漢にあったとき具体的にどうしたらいいかってみんな「いつごろ」「どうやって」「なにで」知ったんだろう? 授業でやるっけ?

わたし、なんとなく電車なら一緒に降りて駅員さんに引き渡したり、お店なら店員さんに言って警察呼んでもらえばいいんだろうって思ってるけどこれ合ってる? それもわかんないし、その後どうしたらいいのかとか結果どうなるのかとか全然知らないや。

痴漢された直後に行かなきゃだめ? 痴漢の犯人と一緒じゃなきゃだめ? 一人で行って「さっき痴漢にあったんですけど」って言っても平気なのかな? 「一週間前に実は痴漢にあって」とか言っても平気なのかな? 警察に届けるって具体的にどうやるんだろう? 110番する? 交番に行く?

 

 

話はちょっと変わりまして、わたしは少女漫画を昔からかなり読んでいて、大人になった今でも読みます。

どちらかといえば単行本より雑誌派なので細部まで展開を覚えているわけではないんですけど、少女漫画のヒロインって、痴漢にあうことが結構あって。

ヒロインが痴漢にあう→嫌だと思うものの抵抗できず涙目→かっこいい男の子が助けてくれるという流れです。色んな漫画で何度も見たのである種の王道パターンなんだと思います。

 

でもその痴漢男を警察に引き渡した漫画ってほとんど見たことない。

 

多分まったくないわけではないんでしょうけど、記憶に残ってるやつはだいたい

ヒロイン(やだっ…嘘、痴漢…!?)

ヒロイン(どうしよう、怖くて声が出せない――!)

イケメン「おいおっさん、何してんだよ」

痴漢の手を掴むイケメン

痴漢「わ、私は何も――――」

ヒロインに向きあうイケメン

イケメン「大丈夫だった?」

ヒロイン「は、はい」

ちょうど駅に着いて痴漢は走って逃げる

助けてくれた目の前のイケメンにときめくヒロイン

こんなのばっかりなんですよね!

 

その後の処遇がうやむやなんです、だって少女漫画の痴漢ってイケメンに助けられる展開のための舞台装置でしかないから。だから逃げられてそれっきり。今助かったしイケメンと知り合えたから、それで痴漢の役目は終わる。捕まえて駅員に引き渡して警察に引き渡して、なんてページわざわざ入れたりしないのわかるよ、わかるんだけど。

 

ここで「さっきの痴漢ちゃんと逮捕されてよかったー」とか「警察の人にいろいろ聞かれて大変だったけど大丈夫?」とか「あ、取り調べ時間かかったせいで遅刻しちゃうね、ごめん」 とかさ、そういう「警察に通報したことがわかる」コマが少しでいいからあればさ、読んでてすごい安心できると思うんだけどどうだろうか!!

 

少女漫画のメインターゲット読者であろう中高生にも自然と「痴漢は警察に引き渡すもの」と刷りこまれると思うんだけどどうだろうか!!

 

どうかなあいい教科書になると思うんだけどなあ。

世の中から少しでも痴漢被害が減ることを願ってこれで終わります。

 

 

あ、タイトルもじらせてもらった加藤シゲアキ著「傘をもたない蟻たちは」よろしくお願いします! 同作者の「閃光スクランブル」文庫版も近日発売です!

傘をもたない蟻たちは

傘をもたない蟻たちは

 
閃光スクランブル (角川文庫)