今日もありがとう

NEWSとKAT-TUNとハロプロ、ジャニハロDDヲタ、普段は二次元にいる

このラブソングがやばい NEWS編

「あらんジョニー、どうしたの? 落ち込んだ顔してるわね。元気出して?」

「Hi、ティーチャー・ハンナ……。俺の元気がないように見えるなら、それはキャシーにデートを断られたせいですよ。11月24日のね」

「それはしょうがないわよ、ベストアーティスト2015の放送日なんでしょう? あたしも今から容量をたっぷり空けておく準備に忙しいもの……はぁん、NEWSはジャニーズLOVEメドレー、いったいどんな歌で視聴者の度肝を抜いてくれるのかしら? 考えるだけでどうにかなりそうだわ」

「え? ちょっと待ってください先生。NEWSってあの愛と勇気世界中に向けて伝える夢の日々を大事にいき春のような恋をする4人組でしょう? そんな彼らが視聴者の度肝を抜く歌を歌うだって? 信じられないな。キャシーが言ってたKAT-TUNならともかく……」

「ジョニー、あなたこそ何を言っているの? NEWSはいつも翼ひろげて虹を掴んだり幾千の星の夜を越えて夢の数だけ愛を生んでるわけじゃないのよ。あの子たちを応援ソングばっかり歌ってる子猫ちゃんだと思ってたら痛い目を見るわ」

「な、なんだって!?」

「ふふ……本当の彼らはEROSの化身、肉欲の申し子のような、KAT-TUNに負けず劣らずの激しい愛の表現者だってことよ」

「どういうことです、先生。彼らは一体……!?」

「知りたいの? そんなに知りたいなら……ハンナ先生が特別に教えてあげてもよくってよ……?」

「せ、先生……!!」

 

「それでは特別授業を始めましょうか。最初はこれ……バンビーナから。美恋コンでは目を疑うような衣装で登場したいわくつきの曲よ。生で見て何が起こったのかと思ったわ。さあ、歌詞を読んでごらんなさいな」

濡れた唇 乱れた吐息 溢れる……な、なんだこれは……!? いきなりエロス全開じゃないか……!! どうなってる、まだ一行目だぞ!!」

「悪い子ねジョニー、早く先を読みなさい。じらさないで、我慢できないから

裸のままでもっと感じて……だ、大丈夫なんですか先生、この記事、年齢制限をつけたほうが」

「あらん、どうして? あたしたちはただ、歌詞を読みあげているだけよ。いいからもっと感じさせてちょうだい」

指輪の傷跡 見ながら何を思うの? あいつなんて忘れさせてあげるよ……あれ、先生、これって……」

「気付いた? そうよ、彼女には忘れられない男がいるの。指輪をくれるような間柄のね。夫かしら、恋人かしら? なのに他の男の身体に溺れることで忘れようとするなんて……ますます刺激的になってきたわ」

腰つき 淫らに壊れるくらいに いかせてやる……せ、先生、俺もう……!」

「うふふ、まだまだ授業は始まったばかりよ? 夜が明けるまで離さないくらいの根性を見せてちょうだい」

 「君が求めるなら夜が明けるまで抱きしめるように頑張りたいですけど、最初から激しすぎますよ」

「んもう、仕方のない子。じゃあ次の歌に行きましょうか。渚のお姉サマーよ」

 

「ふむ、なんにも言えなくてけど好きでたまらなくて……年上女性への純情な憧れを歌った爽やかな夏ソングってところですね?」

「違うわ。よく読みなさい。なんにもできなくてけど我慢できなくてもう、と続いているじゃないの。年上女性の悪戯な胸元に迸る情熱が抑えられず抱かせて欲しいとお願いしている夏ソングよ」

「そんな! 初恋のように憧れるだけでもいい、その言葉が嘘だって言うんですか!?」

「そうよ。だけどカラダが触れるともっと熱くなるのよ?」

「なんてことだ……」

『欲しいなあ』心の声が こぼれていた海岸――――ふふ、身体は正直ね」

「で、でも、それだけ彼が彼女に恋してしまったってことですよ!」

「甘いわねジョニー……。彼らはまだ『どこから来てるの?』なんて会話をするような、出会ったばかりの男女なのよ」

「ほ、本当だ!?」

「しかもほら……あなたのこと好きになってもいいですか? はじめちゃってもいいんじゃない? あなたと恋したいよ……ここから導き出される答え、わかるかしら」

「ま、まだ二人は恋がはじまってすらいない…!! なのに彼は彼女にキッスしたいよと迫り、あなたごと全部ギュッとして抱きたがっている……!!」

「Excellent! よくできました。じゃあ次はこれね。Greedier

 

この砂浜の先のどこかに……、なるほど、また夏の恋の歌か」

「そうよ。NEWSはなぜか夏の恋の歌が多いのだけれど……渚のお姉サマーが明るいEROSだとしたら、こちらは直接的な表現はない落ちついたEROSといったところね」

「HAHAHA、星が瞬く下、蜜がとろけだしたような夜、月がふたりを見守るこんな美しい歌がエロスだなんて、考えすぎですよ」

「あなたの目は節穴なのかしら、ジョニー? なんのために昨日より深いKissをしてると思っているの? 横顔に触れ、Kissをして細い肩を抱きしめ、そしてふたりだけが朝を迎える場所があるのよ? これ以上なく官能的だわ」

「まさか……だって、星が瞬く下、月が見守り波が足を擽るって、それは外ってことでしょう!? 外でそんなことを!? いくらなんでも開放的すぎる!!」

「そもそも、タイトルのGreedierから欲望や貪欲って意味なのだし……。場所なんて彼らには関係ないのよ。どこだって彼らにとっては狩り場なの。次はそれを証明してあげましょうか」

 

「これは……チャンカパーナ?」

「ええ、今やNEWSの代表曲と言っても過言ではないこの曲が小説を下敷きにしたワンナイトラブの歌だってこと、知らなかった?」

「いや、話には聞いたことがありますが――――」

深夜バスで君を見た、ただそれだけの女を追って、行先は違うけれど迷わず飛び乗るなんてこと、あなたにはできるかしら?」

「どうだろう、よっぽどナンパの腕に自信のあるやつじゃないと無理じゃないかな」

「そうでしょう? でもNEWSはただそれだけの接点から、うやうやしく服を脱ぎベッドに滑り込むところまで持っていけるのよ。その肌に触れ何度だって君を抱くの」

「で……でも、最初は一人じゃ悲しすぎる夜だから誰かと話したかっただけなのに」

「おバカさん、そんな言葉を信じるの? 話すだけならどちらからともなく手を握る必要があって? それにしても、彼女の方もいきなり隣に乗りこんできた見知らぬ男の手を握り、バスを捨ててベッドを共にするなんて随分大胆な女の子ね。彼は相当のグッドルッキングガイだったのよ」

「でも彼らは美しい恋をしているんでしょう? それならいいじゃないですか。恋に時間なんて関係ないんだ!」

「ふぅ……甘いわね。まだ甘いわ。これを見てもまだそんなことを言っていられるかしら。愛のマタドール

「これがなんだと――――だ、抱き合うのに恋なんていらない……!?」

「そうよ。NEWSにとって、抱き合うことは息をするように自然なこと。もはや恋ですらないの」

ジーザス……!! リズムに合わせ揺れる黒髪をかき分け奪う熱いキッスをしておいて!! それに加えて楽しめばいい、欲しいだろ、嫌いじゃないだろなんて……どれだけ自信満々なんだ!!」

「これで信じてもらえたかしら? 彼らが隙あらば女を抱こうとする、百戦錬磨の超肉食系男子だってことが」

「よくわかりましたよ。認識を改めないといけないな。それにしても羨ましいですよ、こんなにもワンナイトラブを成功させる彼らが」

「あらん、そうでもないと思うわよ?」

「――――どういうことです?」

「だって彼ら、見た目で好きになることが多いせいか、悪い女に引っかかって騙されることも多いのだもの」

「詳しくきいてもいいですか?」

「いいわよ。そうね……Devil or Angelなんて典型的ね。悪魔のようなその唇に罠と知りながらも触れたいよ、天使のように涙浮かべてココロで笑っているの?

それでもあなたが好きだよ……Oh!No! 騙されているとわかっていて嫌いになれないなんて!」

「しかもあれは幻想?それともリアル? もうあなたに会えなくて胸にぬくもりだけ残る掴んだら割れる泡のようなDiva、覚めないでくれ蜃気楼Marionette演じる、と彼女の存在を遠いものにする言葉を並べている。可哀想だけれど、この恋に望みはほとんどないでしょう」

「アイドルもろくでもない女を好きになる歌を歌うものなんですね」

「NEWSが特に騙されがちなのは理由があるの。さっきも言ったように見た目から始まることが多いせいね。彼女に他の男がいたりすることも多いし……Liarみたいになるのも、考えてみれば当然なのかも……ね」

「それはまた、どうして」

「彼らはどうやって出会ったか言ってごらんなさいな」

出会いは一瞬だった思えば、あの場所でSexyな君と目が合った時すでに始まってた

「ほら、内面をよく知りもしないで、Sexyだからという理由で好きになって……そんな風に始まった恋だから、彼女、他の男に対しても同様に恋が始まる確率の高い女性だとは思わないかしら?」

「言われてみれば……」

昨日は何してたの? 誰といたの? ふふ……さあ、真実はどこにあるのかしらね? 個人的にはこんな風に問い詰められるとぞくぞくしちゃうんだけれど」

Thrillを楽しむのか? 悪戯に……!!」

 

「ああ……もうこんな時間じゃない。そろそろ授業を止めようLover、いえジョニー。ごめんなさいね。あたし、行かなきゃいけないところがあるの」

「Thanks、ティーチャー・ハンナ。ところで、どこに行くんです?」

「決まってるじゃない――――ガンジスのほとりよ」

「エイヤー!」

 

idolko.hatenablog.com

 

 本当にすみませんでした。もうしませんので許してください。

四銃士(初回盤) [DVD]

四銃士(初回盤) [DVD]

 
四銃士(通常盤) [DVD]

四銃士(通常盤) [DVD]