今日もありがとう

NEWSとKAT-TUNとハロプロ、ジャニハロDDヲタ、普段は二次元にいる

平和を愛するジャニオタよ、愚痴アカと戦え

 

タイトルの矛盾!

だがしかし欲しいものは時として戦ってでも勝ち取らなければならない!!!!

 

あなたは自分の好きなタレントやグループを過剰に叩き口汚く罵倒し誹謗中傷するツイートの並ぶ「愚痴アカ」を見かけてしまい心が痛んだことはありませんか? わたしはあります!!

 

もうね~~~~うんざりしてるんですよツイッターの愚痴アカなるものに。ほんと心の底からうんざりしてます。

検索すれば引っかかり、公式のリプ欄開けば目に入り、引用RT欄覗けば飛び込んでくる……(特に某時期とか、それから某時期とか、某時期とかひどかった、そしてお察しの通りいまもひどい)

 

ていうかそれbioに「独り言」だの「壁打ち」だの言い訳並べてるけどただの誹謗中傷じゃん。本当に独り言で壁打ちなら鍵かければよくない? って思うんですよ。目に入らないところでやるぶんには別に好きにしたらいいと思うんですよ、心の中は自由だから。誰も強制できないから。だから鍵かけて欲しいんですけど、なぜか愚痴アカって他人に見せつけたいらしくて全世界に公開してるんですよね~……。

 

 

今までわたしは不運にもそういうアカウントに出あうととにかく片っ端からブロックして「自分の目に入らないよう」にだけすることが対処だと思ってたんですけど、それって単なる自衛であって、わたしから見えなくなっても愚痴アカがなくなったわけじゃないんですよね。

わたしごときがやめてって言ったところでどうせ減らないだろうし、なにもできなくてもどかしい…

 

 

 

でも、そうだ、もう少しできることある!! って気付いたんですよ。これはとあるクラファン案件を見守っていたおかげで得ることのできた知見です。ありがとうございますネットの叡智!!

 

 

 

 

 

まず、好きなアイドルに対する目に余るようなひどい誹謗中傷アカウントをうっかり見てしまって、嫌な気分になったとしても、

リプライしてはいけません。

 

どんなに不快になってもぐっと耐えて、

 

 

黙って粛々と、

 

 

 

 

そのツイートのWeb魚拓を取りましょう。

 

https://archive.vn/

↑ツイートのURL入れるだけでオッケー!

 

 

とりあえず証拠を押さえるところから始めます。そして心の中で「例えツイートを消し逃亡を図っても無駄だぞ…こちらにはばっちり残ってるんだ…いつでも出せるんだぞ…くっくっく」と思うことで多少の精神的な余裕が生まれるでしょう。

Togetterにまとめるのもありかもしれませんが、

togetter.com

ただこの方法は色んな人の心が傷付く可能性がある諸刃の剣です…。魚拓のほうがきっと平和。まあでもツイートをTogetterにまとめること自体は違反でもなんでもないからね。「いつでもまとめられるんだぞ…くっくっく」と思うことで以下略

 

あ、前言撤回ごめんなさい、リプしないほうがいいっていうのはそのほうが「凍結しやすいらしい」のと不毛なレスバになってもな…ってだけなのでそうじゃなかったらご自由にです!

 

 

 

 

 

続いて、

 

そのツイートを報告しましょう。

 

(リンク先参考、とてもわかりやすいです)

www.tipsfound.com

誹謗中傷なら「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」でいいと思います。クリックするとさらに詳しく理由をきかれるので、該当するなと思うところを都度選んでください。

 

 

 

報告が完了するとミュートするかブロックするか選択肢が出てくるので、

 

もう心置きなくブロックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

……えっこれだけ!?

 

ごめんね戦うとか強い言葉をタイトルに掲げたくせにたいしたこと言えなくて…最終的にはブロックしかない…でも2アクション増やすことで普通にブロックするよりは効果的かとおも…思…思う…よ。*1

 

 

それに通報やブロックによってTwitterルール違反だと判断されれば、アカウントがシャドウバンや凍結したりするそうです! シャドウバン食らうと検索に引っかからなくなったりリプが見えなくなったりするから平和に近づく!!

あと報告するとTwitterが「報告を受けたアカウントについての最新情報があります」とか「ご報告ありがとうございました。当社による調査の結果、このアカウントがTwitterルールに違反していることが判明しました」とかの通知をくれるよ!!!

 

 

 

 

 

魚拓→通報→ブロック、

攻撃しないで戦っていこ!!!!!!

 

 

 

 

 

youtu.be

  

*1:わかる人にはわかるネタ